フォト

リンク My Friends

最近のトラックバック

« 2012年4月 | トップページ

2012年5月

Blue Bossa 練習

Michel Camilo の Blue Bossa

カミロのピアノとパーカッション、デュオのヴァージョン。あのテンポ早い曲。

曲途中の8小節の部分を弾きたくて今夜から練習を始めました。

曲が始まって2分20秒からの8小節。

なぜ8小節かというと答えは簡単、全部通しで弾けないからsweat01

でも自分のアレンジの途中にちょこっとだけカミロ取り入れてみようかと思って。

バンドメンバーには却下されるかもしれないけど。

youtube で楽譜見つけたので五線紙にメモして早速練習開始!

最初は左手、ゆっくりゆっくりテンポ60位で。う、・・・難しい。

繰り返し繰り返し弾く。

次は右手、難しくはないけどオクターブ抑えるの疲れる・・・。

繰り返し繰り返し弾く。

次は両手で! あらら・・・。

左手ルート音が前の小節の4拍めにくってるから慣れるまでゆっくりゆっくり何度も弾く。

少し慣れたみたい。

テンポ少しずつ上げて繰り返し繰り返し。

と練習すること1時間。

たった8小節を1時間弾いてやっとテンポ140位まで両手で出来た。

あ~あもっとテクニックがあったらなぁ。

原曲はテンポ260位。

私が練習している8小節はほんの6~7秒であっという間に終わっちゃう。

なんだかなぁdespair

260はムリでも220位では弾きたいな。

明日も練習しようっとcoldsweats01

カルテットも

ジャズのカルテットといったらみんなフロントは何の楽器が浮かぶのかな。

私の場合、これから活動を始めるピアノトリオにヴァイオリンが加わります。

女性です。

しかも美人。

ライブが出来るようになったらお知らせしますので皆さん見に来てくださいね。

見るだけじゃなくて聞いてねnote

ピアノトリオ

ジャズピアノを弾きたいと本気で思ったのは昨年10月の「第3回 福島ライブミュージックウォークラリー」が終了したころでした。

それからジャズピアノの勉強を始め半年が経ちました。

こんな短い期間でジャズ風じゃないジャズを弾けるようになるはずもないけれど、でも絶対半年前より成長しているはずと信じ練習を続けています。

そして「今年4回目の福島ライブミュージックウォークラリーが開催されるならオルピーグでワンステージやらせてください」って私からオルピのママにむりやりお願いしたのが2月のこと。

それからメンバー探しを始めました(汗) 

ドラムは昔からの友人に話をしたら快く引き受けてくれて^^

でもベースが見つからない・・・

そして最近やっとベーシストがみつかって昨日初顔合わせ。

晴れて自分のピアノトリオが組めることになりました。

うれしい!ほんとにうれしい。

頑張りますよnoteshine

« 2012年4月 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
BMIブログパーツエステ人気ランキング
無料ブログはココログ